先輩社員紹介

true

昭島生活実習所

山口 和成

出身:早稲田大学  文化構想学部 表象メディア論系 卒年収:非公開

  • これが私の仕事

    グループホーム(障害者向けの共同住宅)で利用者の日々の生活のサポート

    生活の場で利用者一人ひとりの距離が近い中で仕事ができることが面白いです。
    利用者が好きなアイドルやゲームのことでお話をしたり、一緒に買い物に行ったりと、日々の生活の中で一つひとつの関わりが大切な支援になります。
    そのため、日ごろから態度や言葉の使い方には注意が必要ですが。
    「障害者」と一言でいっても本人が抱えている課題や困っていることは人それぞれです。
    その人にとってどのような支援が本当に必要なのかを毎日試行錯誤しています。

  • だからこの仕事が好き! 一番うれしかったエピソード

    帰るとき、利用者から「また来てね!」と言われるとまた頑張る気がします。

    宿直(泊まり)の勤務で一人で対応することが多いため、心細かったり辛いこともあります。
    けれども仕事が終わり私が帰るときに利用者に「お仕事お疲れ様、また来てね!」、と
    次に自分が来ることを楽しみにされている様子をみるとまた次も頑張ろうと力がわいてきます。

  • 私がこの会社を選んだ理由

    能力・資格ではなく何をやりたいか(意欲・希望)を見てくれた。

    大きな組織に属してこつこつ実力を伸ばすよりもすぐに現場に出て自分の力を出して働きたいと思っていました。
    正夢の会は規模として大きすぎず小さすぎず、入職からすぐに責任を持って働くことができると感じました。
    また、法人の説明会で福祉の理念を代表が明確に打ち出している姿に共感がもて、
    さらにスタッフの方たちが本気でその理念をもとに仕事をしていることが伝わってきました。

これまでのキャリアグループホーム支援員2年 → 2017年度に通所施設に異動(現職 2018年度で2年目)

先輩からの就職活動アドバイス!

自分が何の仕事をやりたいかではなく、自分がどんな人たちと仕事をやりたいか、で探していく就職活動もあります。
そのためには就職情報誌やインターネットの評判などにとらわれず、その企業を自分の目でみて感じた直観を大事にした方がいいと思います。

プレエントリー・説明会予約はこちら

プレエントリー説明会予約

他の先輩社員を見る

  • お子さん一人ひとりの発達に関わる仕事

    true

    多摩市ひまわり教室

    米田 空良(24歳)
    日本大学  文理学部 社会福祉学科 卒
  • 地域に暮らす障害をもつ方や子どもたちをサポートする仕事

    true

    地域生活支援センター「える」

    吉田 祐希(23歳)
    武蔵野大学  人間科学部 社会福祉学科 卒
  • 障害者入所施設にて生活全般の支援をしています。

    true

    パサージュいなぎ

    河井 悠太郎(25歳)
    法政大学  文学部 英文学科 卒
  • 未就学児の個別やグループでの療育

    true

    中野区療育センター ゆめなりあ

    池田 まどか(28歳)
    淑徳大学大学院  総合福祉研究科 心理学専攻 発達・社会心理学領域 卒
  • 「働くこと」を通して人の人生に関わる仕事

    true

    中野区立弥生福祉作業所

    板橋 優女(24歳)
    昭和女子大学  人間社会学部 福祉社会学科 卒
  • 発達に遅れや偏りのあるお子さんの育ちを支える

    true

    中野区療育センターゆめなりあ

    田中 薫子(27歳)
    明治学院大学大学院  心理学研究科 心理学専攻 教育・発達心理学コース 卒
連絡先:
社会福祉法人正夢の会 採用担当 東福寺寛
〒206-0822 東京都稲城市坂浜1951番地の5
TEL:042-331-4930 FAX:042-331-4931
メールアドレス:masayume-jinji@inagi-masayume.com

【法人ホームページ】
http://www.inagi-masayume.com/

【アクセス】
京王相模原線若葉台駅下車
 ≪徒歩≫20分
 ≪バス≫2番バス停より、 京王または小田急バス「若葉台循環(若01)」利用「ビューコート若葉台前」下車徒歩5分