先輩社員紹介

true

昭島生活実習所

佐藤 春男(52歳)

出身:長野県立小海高等学校  普通科 卒年収:非公開

  • これが私の仕事

    知的障害と身体に障害のある方たちの生活介護支援。

    1人ひとりの支援計画に基づいた日中活動と、余暇活動の支援を行なっています。また日常生活の中で必要とされる排泄、食事、入浴などの支援において出来るだけご本人様の残存機能を活かした支援を行なっています。障害があるから何でもするのではなく、その人の持っている力を私たちが見極めて引き出せるようにお手伝いしています。ご利用者様と関わる中で喜びが生まれ、仕草や笑い声と笑顔でその気持ちを感じ取れることがとてもうれしいです。

  • だからこの仕事が好き! 一番うれしかったエピソード

    関わりを持つ中で、ご本人様の心に寄り添って、喜びを共感できることです。

    生活介護の一つとして、排泄の支援があります。初めのうちは殆どの事をスタッフが行なっていました。アセスメントや日中の体の動きを観察すると、ご本人様の残存機能を使って出来る事が分かり、具体的に尿器を使って排尿を行なう事を1ヶ月試みました。ご本人様が自分で尿器の取っ手を持って排尿をした時に「やったー」と声を出されて「すごいです」と一緒に喜びました。ご本人様の気持ちに共感して理解する際に大切な事は、一つ一つの行動に対して受け身の姿勢で接する事だと思います。「心に寄り添った支援」によって「信頼関係」が築かれ、お互いに刺激を受ける中で喜びを感じる事が出来ます。この仕事は人との関わりに中で必要としている事を、私の力で支える喜びと誇りを持って出来るやりがいのある仕事だと思います。

  • 私がこの会社を選んだ理由

    事業方針の説明で私の持っている力を発揮できると感じた。

    障害のある方の支援が出来る仕事を探した中で、面接時に自分の思いと経験を素直に話して理解して受け止めて頂けたことです。基本理念、基本方針と活動内容が明確で、ここなら自分の持っている長所を活かして力が発揮できると思いました。施設の方針と施設長のお話から私なりに感じた事は支援の中で、同じ目線に立って相手の立場になって考えると必要としている事に自然と導かれ、相手の気持ちに共感する大切な意味を教えて頂きました。特に「心に寄り添った支援」を大切にしている事がすごく伝わって、自分のやりたい事と一致していました。

これまでのキャリア前職:PPC事業生産管理課(9年間)→上水・下水道設備会社へ転職:設計及び施工(10年間)→生活介護事業へ転職:生活介護(7年間)→当法人へ転職:通所施設(現職・2018年度で6年目)

先輩からの就職活動アドバイス!

私は転職経験がありますが、全て「やってみたい!」と興味を持って新しい道を自分で選んで経験してきました。最終は福祉の仕事に落ち着いて、自分の力を発揮できる現職で頑張っています。異なる職種の仕事を経験する中で対人関係、仕事の厳しさや楽しさ、自分に合っているか迷った時もあります。そんな時どうするかは自分で決めてきました。他人の意見に左右されずに、自分のやりたい事を見つけて発揮できる事と自分らしさを受け止めてくれる企業を選ぶ事が大切です。

プレエントリー・説明会予約はこちら

プレエントリー説明会予約

他の先輩社員を見る

  • お子さん一人ひとりの発達に関わる仕事

    true

    多摩市ひまわり教室

    米田 空良(24歳)
    日本大学  文理学部 社会福祉学科 卒
  • 地域に暮らす障害をもつ方や子どもたちをサポートする仕事

    true

    地域生活支援センター「える」

    吉田 祐希(23歳)
    武蔵野大学  人間科学部 社会福祉学科 卒
  • 障害者入所施設にて生活全般の支援をしています。

    true

    パサージュいなぎ

    河井 悠太郎(25歳)
    法政大学  文学部 英文学科 卒
  • 未就学児の個別やグループでの療育

    true

    中野区療育センター ゆめなりあ

    池田 まどか(28歳)
    淑徳大学大学院  総合福祉研究科 心理学専攻 発達・社会心理学領域 卒
  • 「働くこと」を通して人の人生に関わる仕事

    true

    中野区立弥生福祉作業所

    板橋 優女(24歳)
    昭和女子大学  人間社会学部 福祉社会学科 卒
  • 発達に遅れや偏りのあるお子さんの育ちを支える

    true

    中野区療育センターゆめなりあ

    田中 薫子(27歳)
    明治学院大学大学院  心理学研究科 心理学専攻 教育・発達心理学コース 卒
連絡先:
社会福祉法人正夢の会 採用担当 東福寺寛
〒206-0822 東京都稲城市坂浜1951番地の5
TEL:042-331-4930 FAX:042-331-4931
メールアドレス:masayume-jinji@inagi-masayume.com

【法人ホームページ】
http://www.inagi-masayume.com/

【アクセス】
京王相模原線若葉台駅下車
 ≪徒歩≫20分
 ≪バス≫2番バス停より、 京王または小田急バス「若葉台循環(若01)」利用「ビューコート若葉台前」下車徒歩5分