先輩社員紹介

true

地域生活支援センター「える」

鈴木 陽子(31歳)

出身:東京福祉大学  社会福祉学部 社会福祉学科 卒年収:非公開

  • これが私の仕事

    就学前のこどもたちの療育と保護者支援

    クラス担任として、お子さん一人ひとりのニーズ・ねらいに沿って日々の活動を考え提供し、支援をしています。お子さんたちがその子らしくいられるよう、わかってできることが増えるよう、そしてお子さんの“できた!!”という思いを大切に毎日の仕事を行っています。毎日支援を行うなかで、お子さんたち笑顔が見れること楽しい場面、その時の気持ちを共有できること、お子さんたちの成長を感じる場面に立ち会えることは本当に嬉しく思います。お子さんたちの様子や成長を保護者の方と話、共有できることも嬉しく思います。

  • だからこの仕事が好き! 一番うれしかったエピソード

    お子さんの成長を感じるとき

    距離間が難しく、貸し借り場面で友達に強く当たったり、無理やりとってしまうお子さんがクラスにいました。お子さんにどうしたいのか気持ちを確認後、伝える方法を一緒に考え、伝えて駄目だったら戻って来てと伝えました。気持ちを抑えながら友達に「貸して」と伝える事ができ、結果借りられず、気持ちを我慢して泣きながらも私に抱きついてきた時には、一緒に涙しそうになりました。当初から関わってきたお子さんだったので、大人を頼りに自分の気持ちを伝えることができた事、結果叶わなかったけど大人と頑張ったことを共有しその子にとって“できた”経験ができた事、その姿を見たときにとても成長を感じました。日々の支援の中で、お子さんの“できた”と思ったときの満面の笑みや喜ぶ姿、頑張る姿や涙する姿、共有できる事が本当に嬉しく思います。

  • 私がこの会社を選んだ理由

    事業統括の話を聞いて決めました!!

    事業統括が話す内容やそのときの表情から、熱い思いや温かさを感じました。法人理念(こころに添った支援)をはじめとし、共感することが多く、「この法人で働きたい」と強く感じました。ずっと療育施設で働きたいと思っていたのですが、事業統括の話を聞く中で「この法人で働きたい」と気持が変化したこと、「同じ思いのある人たちと一緒に仕事がしたい」と思えたことが、決め手となりました。

これまでのキャリア療育施設 支援スタッフ(4年)→居宅・療育施設にてリーダーに昇進 2018年度で5年目

先輩からの就職活動アドバイス!

色々な職場を見学して行く中で、自分が「ここで働きたい」と感じることはとても大切だと思います。自分に合ったところをぜひ見つけてください。

プレエントリー・説明会予約はこちら

プレエントリー説明会予約

他の先輩社員を見る

  • お子さん一人ひとりの発達に関わる仕事

    true

    多摩市ひまわり教室

    米田 空良(24歳)
    日本大学  文理学部 社会福祉学科 卒
  • 地域に暮らす障害をもつ方や子どもたちをサポートする仕事

    true

    地域生活支援センター「える」

    吉田 祐希(23歳)
    武蔵野大学  人間科学部 社会福祉学科 卒
  • 障害者入所施設にて生活全般の支援をしています。

    true

    パサージュいなぎ

    河井 悠太郎(25歳)
    法政大学  文学部 英文学科 卒
  • 未就学児の個別やグループでの療育

    true

    中野区療育センター ゆめなりあ

    池田 まどか(28歳)
    淑徳大学大学院  総合福祉研究科 心理学専攻 発達・社会心理学領域 卒
  • 「働くこと」を通して人の人生に関わる仕事

    true

    中野区立弥生福祉作業所

    板橋 優女(24歳)
    昭和女子大学  人間社会学部 福祉社会学科 卒
  • 発達に遅れや偏りのあるお子さんの育ちを支える

    true

    中野区療育センターゆめなりあ

    田中 薫子(27歳)
    明治学院大学大学院  心理学研究科 心理学専攻 教育・発達心理学コース 卒
連絡先:
社会福祉法人正夢の会 採用担当 東福寺寛
〒206-0822 東京都稲城市坂浜1951番地の5
TEL:042-331-4930 FAX:042-331-4931
メールアドレス:masayume-jinji@inagi-masayume.com

【法人ホームページ】
http://www.inagi-masayume.com/

【アクセス】
京王相模原線若葉台駅下車
 ≪徒歩≫20分
 ≪バス≫2番バス停より、 京王または小田急バス「若葉台循環(若01)」利用「ビューコート若葉台前」下車徒歩5分