先輩社員紹介

true

稲城市障害者総合相談センター マルシェいなぎ

川島 由衣(28歳)

出身:上智大学  総合人間科学部 社会福祉学科 卒年収:非公開

  • これが私の仕事

    障害者の通所施設での支援 「利用者の持っている力を引き出す」

    知的や身体などの障害を持った方が平日の昼間通われてくる施設で、日中活動や食事等の支援をしています。この仕事の面白さは、利用者の方1人1人が持っている力を引き出すという点にあると思います。障害を持っているから「これは苦手で出来ないだろう」という視点ではなく、「こういう特性があるからこうしたら自信を持って活動出来るのではないか」と考えながら試行錯誤していくこと。初めから上手く行く事は稀かもしれません。しかし失敗と反省を積み重ねていくうちに「この支援は間違っていなかった!」と利用者の方が表情や行動で教えてくれる瞬間が訪れます。その瞬間に立ち会えることこそが、この仕事の面白さだと感じています。利用者の方と向き合いながら力を引き出し、生活のしやすさや豊かさを高めていくこと、これが私の仕事です。

  • だからこの仕事が好き! 一番うれしかったエピソード

    泣きそうな表情で手を振る利用者の姿が忘れられません!

    働き始めて半年が過ぎた頃、利用者の方と行く1泊2日の宿泊旅行がありました。動物園で1日遊んだあとバスに乗って園を後にしようとした所、担当の利用者の方がゲートに向かって泣き出しそうな表情で力強く手を振っていらっしゃいました。普段はあまり表情に大きな変化のない方なのですが、この時は強く心が動いていることが伝わってきて、こんなに生き生きとした表情を持っていらっしゃるんだなと感動しました。同時に、きっと私が知っている利用者の方の姿はほんの一部にすぎないんだと気づき、施設内でももっともっと生き生きとした自分を出して欲しいと考えるようになりました。「利用者の方が安心して、自信を持って、自分を出すことができるよう支援していくこと」これがこの仕事の醍醐味であり、やるべきことなのだと改めて実感した経験でした。

  • 私がこの会社を選んだ理由

    ○○したいと強く感じるか

    就職活動を始めた頃は福祉業界に絞らず様々な企業を見ていて、福祉以外の分野でも魅力的な企業と沢山出会いました。しかし長い期間そこで働くというイメージは浮かびませんでした。きっと遠くない将来、福祉へ進みたくなると気づいたとき、自分がどう生きていきたいかが見え、福祉に進もうと決心することができました。それからは自分の心に素直になり、より自分の感覚を頼りに選んでいったような気がします。自分がそこで働きたいと強く感じるか、なりたい自分をイメージできるか、そういう「○○したい」と強く思えるかという視点で選んだ結果、この法人とのご縁をいただきました。具体的には説明会や面接等での施設長の言葉が強く心に響いたこと、「地域の中にないサービスは創る」といった前向きな姿勢や考え方に惹かれたことが決め手になりました。

これまでのキャリア通所施設 支援スタッフ → リーダーに昇進 → 現職 相談支援事業所 (2018年度で6年目) ※ 現在、育児休業中

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動をして最終的に勤めることになるのは1つの会社ですが、その1つに決めるまでの沢山の企業や人との出会いは1つも無駄にはなりません。そしてそれまで知らなかった世界や知らなかった自分を知ることは、それだけで十分価値のある事だと思います。思うように進まず苦しくなる時もあるかもしれませんが、全て自分の肥しになっていると信じて一歩一歩進んで行ってください。

プレエントリー・説明会予約はこちら

プレエントリー説明会予約

他の先輩社員を見る

  • お子さん一人ひとりの発達に関わる仕事

    true

    多摩市ひまわり教室

    米田 空良(24歳)
    日本大学  文理学部 社会福祉学科 卒
  • 地域に暮らす障害をもつ方や子どもたちをサポートする仕事

    true

    地域生活支援センター「える」

    吉田 祐希(23歳)
    武蔵野大学  人間科学部 社会福祉学科 卒
  • 障害者入所施設にて生活全般の支援をしています。

    true

    パサージュいなぎ

    河井 悠太郎(25歳)
    法政大学  文学部 英文学科 卒
  • 未就学児の個別やグループでの療育

    true

    中野区療育センター ゆめなりあ

    池田 まどか(28歳)
    淑徳大学大学院  総合福祉研究科 心理学専攻 発達・社会心理学領域 卒
  • 「働くこと」を通して人の人生に関わる仕事

    true

    中野区立弥生福祉作業所

    板橋 優女(24歳)
    昭和女子大学  人間社会学部 福祉社会学科 卒
  • 発達に遅れや偏りのあるお子さんの育ちを支える

    true

    中野区療育センターゆめなりあ

    田中 薫子(27歳)
    明治学院大学大学院  心理学研究科 心理学専攻 教育・発達心理学コース 卒
連絡先:
社会福祉法人正夢の会 採用担当 東福寺寛
〒206-0822 東京都稲城市坂浜1951番地の5
TEL:042-331-4930 FAX:042-331-4931
メールアドレス:masayume-jinji@inagi-masayume.com

【法人ホームページ】
http://www.inagi-masayume.com/

【アクセス】
京王相模原線若葉台駅下車
 ≪徒歩≫20分
 ≪バス≫2番バス停より、 京王または小田急バス「若葉台循環(若01)」利用「ビューコート若葉台前」下車徒歩5分